人工知能  小テスト解答例と補足

                        2013.6.27

 

プリントの例題にある10ビット染色体の第3世代以降の操作を行え。

 

解答例は省略。

 

補足

 

l         交叉の方法や数はさまざまありうる(2点交叉、一様交叉)。

  ランダムに交叉点をとってもいいしそうでなくてもいい。

l         頭で考えた方法にはルールがあるはずなので、それをプログラムにコ−ディングすればよい。

  たとえば、交叉がうまくいくように領域を分割する、親のペアの取り方を工夫する、など。

l         できるだけ多様性と収束性のバランスを考えることが重要。

  たとえば、似た部分を交叉するようにすると多様性は少なくなるが収束は安定する。